ママの自宅教室・自宅開業に特化したホームページ制作ならイージーペース(easy pace)にお任せください。

  1. TOP
  2. WEBコンサルタント ヒラオミエ プロフィール

WEBコンサルタント ヒラオミエプロフィール

ご挨拶

ヒラオミエ

初めまして。ママの自宅開業専任WEBコンサルタント平尾美絵です。
2008年生まれの長男、2012年生まれ長女のママもしています。
7年間ヨーロッパ系企業でWEBディレクターに従事していました。出産後外資系時短正社員からフリーランスとしてWEBデザインオフィスを運営するまでの経緯はこんな感じです。

2008年
1人目出産。育休を利用し、WEBクリエイティブチームeasy paceを結成。

2009年
1人目育休明け、時短勤務で会社に復帰。この時に人事部から、「時短勤務を選択した場合は、どんなに仕事を頑張ってもキャリアアップ(昇格)の対象にはなりません」と宣告される。どんなに仕事を頑張っても、これから先昇給、昇格がないことに、モチベーションの維持は不可だと判断し、自分の力でキャリアアップをすることを決意。そこで、会社員WEBディレクターと、フリーWEBディレクターの2足の草鞋生活をスタート。

2010年
2人目を授かるも10週目で流産。

2011年
再度2人目妊娠し出産。これを機に本格的にフリーWEBディレクターとして独立。

2012年
デジタルとアナログを上手く生活に取り入れたく、ヨガインストラクターを取得。

子が2人になると、想像よりはるかに自分の時間がなくなりました。また、長男が成長するにつれ、「自分がフルタイム正社員が故に、子供が興味を持つこと習い事などにチャレンジさせてあげる時間がない、そんな機会損失を持ちたくない」と強く思い始めました。
そこで4年掛けて、フリーランスで仕事をしていけるよう、会社員をしながら実績を積み、2人目妊娠を機にフリーランスとして独立しました。

今は仕事の合間に、サーフィンも行けるし、自宅だけではなく、カフェで仕事をしたり、同業者の方や、お客様とランチしながら情報交換したり、実家に帰省しても、旅先でも、電車の中でも仕事が出来るライフスタイルを確保しました。子供が熱を出して保育園から呼び出しが来たらどうしようと、びくびくすることもなくなりました。

「ワーキングマザー」という属性というだけで、昇格のチャンスを逃したり、残業出来ないことで小言を言われたり、ママだからもう転職なんて無理と諦めている方がたくさんいると思います。それらを理由に転職したりワークスタイルを変えることを諦めているワーキングマザーの方々をたくさん見てきました。

日本のワーキングマザーの皆さんへ、家族と自分の時間を最優先に考えたワークスタイルを追求してみませんか。母親という偉業を経験中の方なら必ず成し遂げられると思います。

イージーペースではそんなママをWEBという形で全力でサポートしていきます。

まずは60分無料
コンサルタントを申し込む