easy pace

Web direction, Project Management, Writing

  1. TOP
  2. ブログ
  3. How to フリーワーキングマザー

Web director blogWEBディレクター ヒラオミエ お仕事日記

2014.10.03

2人目妊娠、出産前にフリーランスになりたい場合の保育園対策

61275872c9ba4a3b9ba30c5229e4b3a4_m

首都圏の保育園入園事情は本当に厳しいですが、私の地元北関東に住む友達の話を聞いても、やっぱり厳しいですよね。

そんな中、首都圏での保育園に入りやすいトップ条件はやはりこれ、

「1年以上正社員として雇用されている」

これに尽きます。まずこれがないとスタートラインにも立てない感じです。
そうなると、子供を2人産んでからでないと、会社を辞められない(独立、フリーランスになれない)ことになってしまいます。1人目を産んだ後に独立。その後2人目妊娠して、出産したものの保育園に入れなかった、という結末になってしまったら、もし事業が軌道に乗っていた時ブレーキが掛かってしまうことに。

しかし、そう簡単に2人目妊娠が出来るのかというわけではなく、むしろ、1人目はすぐ妊娠したのに、2人目はなかなか出来ないという話をよく耳にします。独立、フリーランスになる気持ちは満々なのに、妊娠出来ないことによってのジレンマを抱えながら、正社員の仕事をするのももどかしいです。

私自身も、1人目出産後早くフリーランスになりたかったので、すぐ2人目を妊娠したかったですが、2人目は1度流産してしまい、思うようにいきませんでした。結果2人目育休後に退職しましたが、2人目妊娠がすぐ出来なかった場合の対策をそれはもう色々考えました。

私と同じようなもどかしさを持ちながら仕事をされているワーキングマザーの方もたくさんいらっしゃるかと思いますので、以下の条件で悩んでいる方の対策をいくつかお伝えします。

・1人目出産後、会社を退職し独立・フリーランスに。1人目は保育園入園中。その後2人目を妊娠した。
・引き続きフルタイムフリーランス、フリーワーキングマザーとして働きたい。
・兄妹と同じ公立保育園に入園させたい。

まずはフルタイム個人事業主の等級を今一度確認

フルタイム個人事業主の等級がここ数年で変わりました。
フルタイムで個人事業をしていれば、開業先が例え自宅でも、フルタイム正社員と同じ等級になります。
これはお住まいのエリアによって異なるので、今一度確認してみてください。
5年前は、私が住む川崎は自宅勤務というだけで等級が下がっていましたが、同じ時期、杉並区に住むイラストレーターの友達はフルタイム正社員と同じ等級をもらえると話していました。今は川崎も、フルタイム個人事業主は、フルタイム正社員と同じ等級がもらえます。

入園申請時用に、雇用証明書を何とか手に入れる

といっても、やはり雇用されている方のほうが、何となく保育園に入りやすいという、確かな情報ではないですが、ほぼ確かっぽい現状はあります。私の場合、2人目妊娠前に独立することになった場合は、知り合いで社長をされている方に、雇用証明書を書いてもらえないかお願いしていました。どうしてもって時の最終手段です。
ただ、旦那様が自営業されている奥様は、簡単にこの雇用証明書を手にいれて、仕事はしてないけど、保育園に入れているという現実のたくさん目にしてきました。

雇用証明書が手に入らない場合は、無認可に半年間預ける

とはいっても雇用証明書を書いてくれる知り合いがいない、という場合がむしろほとんどかと思います。
その場合は、4月入園を狙って半年前の10月から2人目のお子様を無認可保育園に預けるしかないです。
その時の働き先は、フリーランスの開業でも、とりあえずのパートでも何でもいいと思います。一番の目的は「公立の保育園に入園させること」ここです。

まとめ

働きたいという強い気持ちをお持ちのフリーワーキングマザーであれば、最初ちょっと裏技を使ってでも、まずお子様を保育園入園させることが最優先です。

一時保育で対応できるサービスを考えてらっしゃる方であれば問題ありませんし、もしご実家が近くて祖父母さんが面倒を見てくださる環境をお持ちの方も、ここまで神経質にならなくても大丈夫ですね。また私立の保育園でもOKという方は、やはりこの手間はいらないです。私立は仕事の条件はあまり追求されず、結構簡単に入園できます。ただ公立に比べて保育料がお高いですね。

私は仕事の合間の自分時間も絶対に確保したかったこと、1人目育児を経験した上で、「専業主婦+片手間で仕事」は向いてない、仕事は仕事でガッツリしたかったので、2人目を息子と同じ保育園に入れることが大前提でした。

実際には、正社員時代に2人目育休も取得してから退職したので、どれも実践はしていないのですが、自分の中で当時徹底的に調べたことなので、少しでもお役に立てましたら幸いです。